• aoi

コロナに想う

更新日:5月2日

もはや世界的な問題であり、多くの人が影響を受けているコロナ。


緊急事態宣言、外出自粛、休校、売り切れ、

賑わいが消え、学校では生徒同士の会話や合唱も禁止、テレワーク、イベント中止、

とにかくリアルなコミュニケーションがどんどんできない状態になってきており、

行動はおろか、気が付けば思考まで制限を感じる。


スーパーに行けばどこを向いてもマスク姿。夢でも見ているのだろうか。

これまでの日常は非日常に

非日常が日常になりつつある。


つい数か月前は、こんな日が来るとは思わなかった。


どうしてこんな騒ぎになるのか。

未知のウイルスで、現在その対処法も確かではないと言われているからだろう。


罹るとどうなるか、どうしたら治るかはっきりしない不安

そこに、重症化など更なる不安情報が入り込む。

ますます混乱する社会。


人間は、未知なものを恐れる。

見えないからさらに恐れる。


同じく目には見えないもの 原発事故(放射能)のときは? というと

今回ほどの混乱はなかったように思える。


放射能はウイルスほど人々にとって『身近』ではなかったのだろう。

放射能ついて知る人が専門家と言われる人も含め、あまりにも少なく、感染症のようにすぐさま症状がでるものでもなく、検査ができるものでもなく

その時は経済が優先され、それは風評として片づけられた。


私は震災の時、実は移住を考え、4か国をまわり、学校の見学、入学手続き、住居の手配までした。


黄砂が4000キロ離れた日本まで2~3日で飛んでくるのは疑問に感じないのに、

震災の瓦礫は遠くアメリカまで潮に乗って運ばれているのに、

放射能は福島だけの問題だと思っている違和感。

海も空気も繋がっているのに、自分のところは大丈夫、と殆どの人は他人事だった。

2年間、日本と海外を行き来して、悩み、人生とは何か、生きるとは? 幸せとは?を考えた末、いろいろな気づきがあり、結局は日本に残った。


そんな私なので、今回のコロナでも誰よりも気にしているのでは? と東京に住む友人から連絡があった。

が、、私が普通にしているのを知って友人は驚いたようだった。


震災の時、私が海外にまで行ったのは、原発事故の恐ろしさから、それ位しか助かる方法はないと思ったから。

今、みんながマスクして3密を避けようとしているのは、

どうやらそうすることが「無事でいられる方法」と思っている(思わされている)からだろう。

また、「それをしないとバッシングされる」と言うのも知っているから。


で、今、私が平常心でいられるのは

何をすればよいか、どうしたら良いか、どうなるのか、が震災の時よりもずっとわかっているから。不安がないから。ウイルスとは何か、万一感染した時はこうする、もハッキリしているから。


一度震災で見えないものへの恐れと、その付き合い方を勉強し、様々な体験をし、気づきがあった。あの時、大切な家族を守るために思いつく限りをした結果、皮肉にも子どもは、頭痛と鼻血と腹痛を訴え、食べられないものが増えていき、目からは輝きが消えた。幼子を抱えギリギリの状態で、悩み苦しみ。そうしていたとき、声は聞こえ、涙がこぼれた。

それは、自分の中にふと浮かんだ言葉、なのだけれど、こういうのを天の声と言うのかな、と思う。

移住しなかったのは、そのお陰で、ここでもやっていける決意がついたから。

あの時、実はレメディも大ヒットして、自分の足がしっかり大地に繋がるのを実感した。実に不思議な体感だった。これらのお陰で私は不安を手放し、目の前の世界を変えることができた。



それにしても、この騒動で、「子どもの心のケア」に関する報道や取り組みがないのはどうしてだろう。これだけ急激に社会、環境が変わってしまったら、大人子どもに関わらず心のケアは絶対に必要だろうに…。そう、3密を避けマスクするよりも、私なら子どもには「大丈夫」って言葉をかけてあげたい。そして、不安との向き合い方を教えたい。



でもこの話、分かってくれる人、私と同じ体験でもしなければ、、いないだろうなぁ。。。特に今は。。。。。。





*植物療法もメニューの一つとして取り入れたいな♪




閲覧数:30回0件のコメント

最新記事

すべて表示